艦これ 編成メモなど

艦隊これくしょんをどんぶり勘定するブログ

7-2-2 雷巡2正空1 S勝利周回編成

7-2のゲージ2本目ボスを周回します。2018年11月16日に追加された本海域では、期間限定で海防艦がドロップしています(2018年12月7日のアップデート時点で終了のアナウンスが出ていません)。また、7-2は4-4で使いづらい雷巡を編成に組み込むことができます。この海域で海防艦堀りと雷巡育成、ついでに戦果の一挙三得を狙います。

  

編成

使用した編成は画像の通りです。

f:id:yktd708:20181212224842p:plain

道中3戦(BCDIM)ルートを通ります。

画像の編成で制空値は283です。クリア後はボスマスの敵制空値が一番低い編成で固定されるとのことで、空母の艦戦を少しだけ弱くすることができます。どうあがいてもボスマスで制空権を確保できないことと、BマスMマスにツ級がいてボーキの消費が多くなってしまうことから、空母は1隻にして艦戦だけ持たせる形にしました。

索敵値はF33(Cn=4)で82.4です。ボス前の分岐で69以上を求められ、対空電探を2つとも未改修にしてしまうと逸れます。改修した電探がない場合は、片方を対水上電探にします(忘れられがちですが、秋月型のカットインは対水上電探でも発動します)。7-2に限らず、二期の海域は一部を除いてちょうど良い索敵要求になっていると思います。意識すればさくっと越えられますが、うっかりしていると躓く絶妙なラインです。

  • Bマス…制空値なし
  • Cマス…制空値なし(潜水艦)
  • Dマス…制空値なし
  • Iマス…制空値なし
  • Mマス…266以上で優勢(119/266/531)

重巡ではなく雷巡を使っているため、6隻中4隻が対潜攻撃をすることができます。Cマスの潜水艦が弱いこともあり、この編成であれば特に対潜装備を持たせる必要がありません。

空母キャリア運用時のtips

空母に艦戦(+艦偵)だけを装備させて開幕攻撃や砲撃戦を捨てる場合、ちょっとした節約をすることができます。

  • 弾薬は2周に1回補給する
  • 中破ではバケツを使わない

どちらも地味ですが、積み重ねればそのうち大きな差になります。

 

対空

艦これ二期では6-5を下ルートで攻略するのが主流になり、昨今は意識する機会が減ってしまいました。それでも、火力と対空のバランスは中々結論を出せない面白い問題です。

  • 対空カットインが発動したときの各艦の撃墜能力
艦娘 割合撃墜 固定撃墜
大井改二 12 38
伊勢改二 15 44
北上改二 16 46
秋月改 28 68
涼月改 28 68
雲龍 15 43

 ボスマスのヲ級改の攻撃参加スロットが36機*3, ヌ級の攻撃参加スロットが23機*2です。割合撃墜でヲ級のスロットを潰すのは難しいので、「どの艦が選ばれても固定撃墜が成功すれば1スロット潰すことができる」ラインまで対空装備を持たせ、残りは火力や命中を重視した中口径主砲にしました。

この編成でヲ級改を棒立ちにさせる確率はかなり低く、期待はできません。開幕の被害を減らし、砲撃戦の火力を落とせたら御の字くらいに考えます。期待はしないが放棄もしない、というスタンスが対空には丁度良いと今のところ思っています。

 

結果

  • ボス到達率
出撃・内訳 回数 割合
合計 20 -
 S勝利 15 75.00%
 A勝利 1 5.00%
 B勝利 0 0.00%
 敗北 0 0.00%
 撤退 4 20.00%

 

  •  戦果、消費資源、平均値
項目 20出撃 1出撃あたり
戦果 40.56 2.03
出撃時間(mm:ss) 1:56:53 5:51
燃料 3883 194
弾薬 4427 221
鋼材 2107 105
ボーキサイト 835 42
高速修復材 29 1.45

 ⇒時給戦果(目安):20.82/h

※ボスB~S勝利だけを抽出した場合
 ・戦果  :1.94~2.09
 ・出撃時間:5.42~7.00

 

雑感

堀り目的の周回なので最低でも8割はS勝利したかったところですが、思っていたよりも成果を出せず、いまいちな結果となりました。さすがに運が下振れしてしまった感がありますが、想定以上に大破撤退があったことです。撤退4回のうち1回は1戦目、3回は3戦目でした。3戦目には重巡リ級が単縦陣を敷いている編成があり、なかなかの火力で攻撃してきます。旧5-4でたま~に1戦目で空母が大破させられたあの感覚を久しぶりに味わえました。

戦果の観点だけ見ると、ボスマスでの夜戦をそこそこの頻度で行ったことも揮わなかった理由です。今回の趣旨ではS勝利してなんぼだと思うので、戦果が伸びない点はこの程度であれば許容します。

複数の雷巡を自然に編成に組み込める点は良い海域です。2隻目3隻目の雷巡も先制対潜ができるようになると、7-1の4隻編成やイベントクリア後の前半海域の周回が楽になるので、海防艦と邂逅できる期間中は通っても良いかなと思います。

いっそのこと空母を抜いてしまうのも1つの手かもしれません。弾着観測射撃をしなくても十分な火力を出せる戦艦を入れて、雷巡を増やすか重巡を増やすか…、検討の余地がたくさんある海域は考えていて楽しいです。

 

 

以上